クレジットカード審査落ちる人は信用できない人!

クレジットカードのクレジットとは「信用」という意味です。
クレジットカード会社は、入会希望者が「立て替えた代金を本当に返してくれる人か否か?」を職業や過去の返済状況などのデーターで判断するわけです。
返してくれそうもない人のショッピング代金を立て替えてくれるクレジットカードはありませんから、審査に落ちるということは「信用できない人」と判断されたことになります。
クレジットカードには、銀行などの金融機関が発行するものと、販売店などが発行する流通系がありますが、審査の厳しさは圧倒的に銀行のクレジットカードです。
ですから、審査に自信が無い人や審査基準が甘いクレジットカードを探している人は、流通系のカードが良いでしょう。