ギャンブルにも保険が?!

ギャンブルで利益を得た時は税金を納めなくてはなりませんが、オンラインカジノも例外ではありません。
この場合の利益は一時所得となり、懸賞や福引の賞金や生命保険の一時金、遺失物拾得者の受ける報労金などと同じ扱いとなります。
一時所得の算出法は総収入から収入を得るための支出と特別控除額(年間最高50万円)を差し引いたものになります。
課税対象はその二分の一となり、その額を納税することになります。
一時所得は通算損益がないため、今日勝って利益が出て次の日負けて損益が出ても差引できず、勝って利益が出た分の取得金額分の税金を納めなくてはならなくなるので注意が必要です。
オンラインカジノで利益が出た場合、小切手で換金する場合や銀行で送金して受け取ることが多いですが、受け取りの証拠が残るので確定申告を行った方が良いです。
このようなことを知ったうえで遊ぶことで、ほかの人よりも有利になったり、後で多額の納税をしなくてはならなくなって困るようなことになりません。
FPの交通費・お茶代は私が負担するの?【訪問型ファミレス保険相談】