光回線は、距離やノイズに強く、離れた場所でも安定した高速インターネット通信が可能です。

光回線とは、光ファイバーケーブルを使用したブロードバンド回線のことをいいます。光ファイバーとは、3mmほどしかない非常に細いケーブルでガラスやプラスティック製です。通常のケーブルは電気を通すのですが、ファイバーケーブルは光を通しして情報を伝達します。ISDNやADSLなどと比較しても信号の減衰が少ないので、ノイズの干渉が非常に少ないという特徴があります。回線を使用するには、電柱や道路から光ファイバーを建物内に引き込む工事が必要になります。以前なら、こういった工事もかなりの期間、1~3ヶ月ほど待たされることになっていましたが、現在では1~2週間ほどで工事完了して回線が利用できる環境になっています。はじめから回線が引き込まれた建物も増えており、それであれば、短時間ですぐに利用することができます。光回線は、NTT局舎から離れた場所で使用するときでも、安定した速度を確保することができます。距離やノイズで信号の減衰することが少ないので、上り下りとも100Mbpsという高速インターネット通信が可能になっています。